MENU

海洋性プラセンタ(マリンプラセンタ)にはどんな効能があるの?他のプラセンンタとの違いは?

皆さんは海洋性プラセンタをご存知でしょうか?プラセンタは哺乳類の胎盤を原材料にしていますが海にも哺乳類はいますよね。イルカ・クジラ・アザラシなどは胎盤を作り赤ちゃんを成長させる動物です。しかし海の生き物である哺乳類の胎盤を原材料にしてプラセンタを製品化するのはとても難しいことです。ですから海洋性プラセンタは海に住む哺乳類の胎盤が原材料という訳ではありません。では何が原材料になっているのでしょうか?ここでは海洋性プラセンタについて取り上げたいと思います。

 

実は海洋性プラセンタと呼ばれているものの多くは、胎盤とは違うものが原材料になっていることがほとんどです。海洋性由来のプラセンタには主に鮭の卵巣膜が使用されていますので、厳密にはプラセンタではありません。
私たちが普段「プラセンタ」と呼んでいるのは動物由来の胎盤のこと。胎盤は英語でプラセンタと言うからです。では植物性プラセンタはどうかと言うと当然胎盤は持っていませんし、成長因子も含まれていないので動物性プラセンタとは違います。しかし植物には胎盤のように栄養素が豊富な「胎座」と呼ばれる部位があり、この胎座のことも英語でプラセンタと言うことから植物性プラセンタという言葉は成り立つのです。
しかし、海洋性プラセンタは植物性プラセンタのように「プラセンタ」と呼べる部位はありません。なぜプラセンタと呼ばれるのか正確な由来は分かりませんが、卵巣膜の持つ豊富な栄養素が胎盤と似た働きをしているからかもしれませんね。

 

海洋性プラセンタの成分と効果

 

鮭の卵巣膜を原材料にしている海洋性プラセンタには、美容効果の期待できる成分が豊富に含まれています。しかし、動物性プラセンタと違って成長因子(グロースファクター/GF)は含まれていません。つまり美容成分が豊富で美肌効果は期待できますが、細胞を作ったり増やしたりする力や、免疫力を上げたり神経に働きかける効果はあまり期待できないということです。

 

・主に含まれる成分
必須アミノ酸を含むアミノ酸を豊富に含有しています。肌の保湿やハリなどに関わるコラーゲン・ヒアルロン酸・コンドロイチン硫酸も多く含まれ、動物性プラセンタには含まれていない肌の弾力を支えるエラスチンが摂取できるのも特徴です。他にも核酸・ビタミンB群・タウリン・マグネシウム・鉄といった栄養成分も含まれており、美容効果は十分に期待できます。
鮭は一生に1度しか産卵しません。そのため卵巣膜に含まれる成分も栄養価が高いと言えます。肌の保水力と弾性を高めることからシワの改善にも効果的です。

 

・海洋性プラセンタとマリンプラセンタ
海洋性プラセンタと同じように使われているマリンプラセンタという言葉があります。鮭の卵巣膜を使用したプラセンタで、含有している栄養素や美容効果にも大きな違いがある訳ではありません。海洋性プラセンタの別な呼称と思っている方も多いようですが、マリンプラセンタは特定の会社の製品の名称です。海洋性プラセンタの中の「マリンプラセンタ」という一製品の名称ですので誤解の無いようにして下さいね。

 

海洋性プラセンタの安全性

 

植物性プラセンタと同じように海洋性プラセンタには残留ホルモンや感染症のリスクがほとんどありません。また海を自由に泳いでいる鮭は養殖魚に比べて汚染などの心配も非常に少ないと言えます。さらに国産の鮭が原材料であれば、産地も把握できるという点で安全性が増しますので過度に心配する必要はないのです。

 

美容効果と安全性に優れた海洋性プラセンタ

 

動物性プラセンタのように成長因子が含まれていないため、根本的な体質改善を望む場合には残念ながらあまり効果は期待できません。しかし海洋性プラセンタには鮭が生涯でたった1度の産卵のために卵巣膜に蓄積した多くの栄養成分が豊富に含まれています。
安全性が高く美容成分に優れた海洋性プラセンタは、動物性プラセンタが苦手な人や美容成分を主に摂取したい人、安全性を重視したい人にはおすすめのプラセンタです。